※ 緊急連絡 ※ (クリックしてください)


NEW 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた取り組みについて
(令和2年11月6日)こちら

NEW 新型コロナウイルス感染症対策に関する警戒ステージ移行に係る
感染拡大防止に向けた取り組みについて (令和2年10月29日)こちら

【文部科学大臣からのメッセージ】
新型コロナウイルス感染症に関する差別・偏見の防止に向けて(令和2年8月25日)
 
■ 入学者選考関係
 
 令和3年度(2021年度)入学者選考(高等部)に係る募集要領等について

 *下記の項目をクリックし、ダウンロードしてご利用ください。

 

 

メニュー

学校紹介生徒の活動入学案内教育相談・見学進路指導・卒後支援新和寮(寄宿舎)掲示板本校の取り組みPTA活動事務室学校評価学校評議員会入選関係リンク集アクセス・お問い合わせ本校HP運用指針新型コロナウィルス対策学校運営協議会

カウンタ

COUNTER245023

学校長挨拶

北海道新篠津高等養護学校のホームページにようこそ

 本校は、北海道石狩圏に職業学科を設置する知的障がい特別支援学校高等部本校(高等養護学校)として、平成5年4月1日に開校しました。北海道では7校目、石狩管内では、白樺高等養護学校、市立札幌豊明高等支援学校に次ぐ3校目の高等養護学校として設置され、今年度で28年目を迎えます。

 開校以来、新篠津村から多大なる御支援をいただきながら、地域に根ざし、地域とともにある特別支援学校として存在してきました。地域の資源を活用した教育活動やキャリア教育、活発な部活動などが学校の特色にもなっています。
  新篠津村は、札幌市からも車で1時間ほどの距離にあり、米・小麦を中心に、豆類、野菜や花き栽培も盛んで全国各地に出荷されています。また、北海道の中でも有機農家の数が多いのが特長です。石狩平野の真ん中に広がる田園風景には、心が癒やされ懐かしさを感じます。そして、夏はゴルフ、冬はしのつ湖でのワカサギ釣り、しんしのつ温泉も楽しめます。

 今年度は、41名の1年生を迎え、2年生46名、3年生45名、計132名で教育活動をスタートします。また、本校には通学が困難な生徒のための寄宿舎が設置されており、120名の生徒が入舎しています。
 北海道知的障がい特別支援学校高等部に設置する職業学科については、6の学科の設置となっています。6の学科は、大別すると、「農業に関する学科」が1学科(園芸科)、「工業に関する学科」が3学科(生産技術科、窯業科、木工科)、「家庭に関する学科」2学科(家庭総合科、クリーニング科)となっています。

 教職員105名で、新たな教育活動の充実・推進に向けて取り組みます。「社会に開かれた教育課程」の実現のため、地域との連携、地域との協働を軸とした学校づくりが大切であり、今年度から学校運営協議会(コミュニティ・スクール)の運営体制を整備します。また、様々なメディアを活用した学校の教育活動等の情報発信が重要であると考えています。

 今年度の取組の重点も次の3点としました。
 1 開校30周年に向けて、新しい「新篠津の学び」の創造する取り組みを進めます。
 2 学校がチームとして機能するよう、「協働・協力」と「改善」の取り組みを進めます。
 3 保護者・地域・関係機関に対して学校の取組を理解していただくための「見える化」を推進します。

 本校の28目の歩みがより確かなものになるためには勿論、ここ新篠津で本校の教育が始まってから30年を迎えようとしているこれからに向けて一層本校の教育が充実するよう、保護者の皆様をはじめ地域の皆様の御理解と御支援、御協力をよろしく御願いいたします。

  今後も本校の取組がより理解いただけるように様々な情報を発信してまいりますので是非ホームページを御覧ください。
                           令和2年4月

                            北海道新篠津高等養護学校長
                                  久 富 正 規