米粉パンレシピを考案しました

 環境・流通サポート科は、作業学習で、新しのつ米の米粉を使ったパンの製造、校内販売に取り組んでいます。校内で製造・販売していたレシピと同じものを、新篠津村内の『手作り工房ぱん家』に協力していただき、この秋より商品化しました。毎週金曜日限定で同店舗で製造・販売され、少数ですが『道の駅しんしのつ』でも購入が可能です。販売初日には、道の駅しんしのつでも販売会が行われ、観光客や地元の方にご購入いただきました。本校生徒がデザイン原案の【はやちゃんマン】が目印です。
 
      
 

学科について


    環境・流通サポート科は昨年新設された学科です。家庭科は現在の三年生が最終学年となり閉科となります。
   作業では校内の清掃に加え、村内の福祉施設の窓清掃も行っています。また、パン作りを行い、調理技術だけでなく衛生や安全などについても学習しています。製造したパンは校内で販売し、新高祭での販売・接客につなげていきます。尚、環境・流通サポート科は近隣の企業に出かけダンボールの組み立てや清掃作業も行います。これらの学習を組み合わせ、働くために必要な力の育成を図っています。