「しんしん焼き」 名の由来

 まず新篠津の地名の一文字をいただき、さらに生徒が自らを信じ、進取の精神で希望に向かって進んでやりぬいてほしいという思いを込めて「しん」の音を重ね、親しみやすい平仮名としました。
  石狩平野に津津と降り積もる雪が翌年の豊饒な大地を形成する一滴であるように、「しんしん焼」づくりに日々打ち込むことにより、生徒1人1人がたくましく育ってほしいという願いを込めて名付けられました。